怠け男日記

ゲームが趣味の怠け男の日記です。面倒くさがりですが更新を頑張りたいです。

夜行バスに乗ったら「あいのり」みたいな展開に巻き込まれた

10年ほど前、「あいのり」という恋愛バラエティの番組が流行っていた。

一般人から集められた男女がラブワゴンと呼ばれるバスで世界中を旅し、その中での恋愛模様を追う。その旅の中で告白が行われ、カップルが成立すれば二人で帰国し、不成立の場合は振られた側のみ帰国する、というシビアな企画だった。

中高生の間では絶大な人気を博しており、かくいう自分もご多分に漏れず観ていた時期があった。中高時代、恋愛とは無縁のがっかりな青春を送ったような僕でも観ていたぐらいの人気番組だった。



先日、実家に夜行バスで帰る際、「あいのり」を思い出す出来事があった。

夜行バス出発の10分ほど前に乗り込み、寝る準備を進めて出発を待っていると、車外からカップルのケンカが聞こえてきた。


女「嫌や!私、絶対帰らへん!」
男「帰ろうや!乗って!バスはよ乗って!」
女「何時間もお前の隣に座るん嫌やねん!」


バスに乗り込む前にケンカでもしたのだろう、女の子が頑なに乗車を拒んでいた。


男「みゃーちゃん!そんなこと言わんといてや!いいから乗って!」
女「うるさいねん!絶対帰らへんわ!」


バス中に響き渡るほどの大きな声でカップルはケンカを続ける。声の感じからすると、10代後半~20代といったところだと思う。このやりとりを聞いていて、少なくとも30代の落ち着きは感じられなかった。

というか、20代でもこのやりとりをこの声量で行うのはちと恥ずかしい。みゃーちゃんて。


男「ええからはよ乗ってや!頼むわ!」
女「ほんならお前ひとりで帰れや!」
男「そんなん言うたかて、みゃーちゃん一人では帰れへんやろ!」

帰れるわバカ。20代ぐらいの年齢ならさすがに一人でも帰れるだろう。あんまりみゃーちゃんのこと舐めんなよ。


ややみゃーちゃん寄りの意見を僕が持ち始めた頃、すでに時間はバスの出発時刻になっていた。バス会社の乗務員もいよいよ仲裁に入る。

乗務員「他のお客様も待ってらっしゃるので、早く決めてください。どうされますか?」
女「乗らへん!」男「乗ります!」
女「乗らへんって言うてるやろ!」
男「大阪着いたら別れるでもええから!とりあえず乗ろう!な!」


二人の意見は割れたままだ。もう無視して出発してしまえ。

と僕が考え始めたその時、乗務員が今までにない強い語気でカップルに迫った。


乗務員「もうこれ以上は限界です。他のお客様のご迷惑になりますので、今決めてください」


乗務員「お二人でここに残られますか?」


乗務員「それとも……」



乗務員「先に進みますか?」



女「乗らへん!」男「乗ります!」



ラブワゴンは2人を置いて走り出した。ゆずの「超特急」が僕の頭の中で流れ出す。

このあと2人はどうなるのだろうか。仲直りして2人で大阪に帰れるのだろうか。それとも、きっちり別れて別々に帰るのだろうか。その場合、みゃーちゃんは無事に帰れるのだろうか。なんだかんだで心配になっていた。

彼らの分も僕は先へと進む。脱落したふたりのことを想いながら、シートを一番後ろまで倒す。後ろにふたり分の空席ができてよかった。

ギターを洗濯物掛け以外の用途で使うために

一念発起

昨日、ギター教室の無料体験に行ってきた。

昨年の9月にBUMP OF CHICKENのライブBDを観て、

カッコイイ!僕もギターするぅ!

と子供みたいな理由で衝動買いしたのだ。しかし、モチベーションはすぐに消え、休日にも練習することもなく、僕のギターは部屋の肥やしとなっていたのだった。気づいたときには洗ったパンツを干すための器具になっていた。

引っ越しも終わってだいぶ経つ。生活も安定してきたし、休日に家で寝ているだけではまずい、と一念発起したのだった。

無料体験

エレベーターで受付のある階にたどり着くと、周囲にいたのは幼い子どもたちばかりだった。親御さんが習い事のために送り迎えをしているのだろう。若いママさんも多かった。自分が受講するために来ているようなおっさんは僕ひとり。既につらかった。

そもそもせっかく買ったギターを今日持ってこなかったのも、弾けないくせに持ち歩くのが恥ずかしかったからなのだ。そこまで人目を気にする自分がこれからここに通うことができるのだろうか…もちろんまだ体験入学の段階だし、通うとは決めてはいないけど。

受付の人に案内され、教室へと案内されると、ベレー帽のようなオサレな帽子を被った講師が待機していた。この人が僕をギタリストへと成長させてくれる人か。優しそうな人で助かった。自動車教習所の教官ぐらいの厳しさだったらもうだめだった。裸足で逃げ出していたと思う。

では、よろしくお願いしますと講師に告げ、受付の人は去っていった。教室は僕とベレー帽おじさんの二人きりになった。やさしくリードしてね…と思った。ギターの先生だけに。

もたつきながらも自己紹介を済ませ、ギターの持ち方・ピックの持ち方・譜面の読み方などを教わり、最後には簡単な曲を弾かせてもらった。ところどころ躓いたりはしたものの、概ねうまくやれたと思う。

ギターができる人はカッコイイ!」と憧れさせるためだろうか、指導の合間合間にちょくちょくベレー帽がギターテクニックを披露してきた。かっこいいけど僕はどう反応すれば……きっと曖昧な笑顔を浮かべていたと思う。


また、ご機嫌取りのためだろうか。ちょくちょく褒めてきた。

指の動かし方がうまいですね。もしかして、昔ピアノとかされてました?」

「くっきいさん、良い感覚をされてらっしゃるのですぐに弾けるようになると思いますよ!」

「もしかして絶対音感を持ってらっしゃいますか?」

平成のジミ・ヘンドリクスや…」

などなど。僕はそれが客を逃さないためのお世辞だとわかっているのでさすがに手放しで喜びはしなかった。社会人たるもの、あらゆるものに疑いの目を向けておくことは大切だ。甘い言葉に騙されてはいけない。

無料体験の感想

こういった教室に通うことで強制的にギターを練習する機会ができるので良いかもしれない。幸い、ギタースキルを自慢してくるけど優しい先生ではあったし、通うのも悪くないかもと思った。

平成のジミ・ヘンドリクスが生まれる日も近い。

タイガーラジオ第4回「馬鹿に付ける薬はない」

早いもので、もう第4回です。

【内容】
・ぞっちが桃鉄でふてくされた話
・年が明けてから2度めのインフルエンザ
Amazonのプライム会員になる
・ぞっちイチオシのTaoTronics
SONYのイヤホンがすぐに壊れた


DLはこちら
www.dropbox.com

今年すでに2回インフルエンザにかかった男が厄除けに行ってきた

参拝の理由

昨日、阿佐ヶ谷の神明宮というところへ行った。というのも、最近ほとほとついてないような気がしたからだ。何をしてもうまくいかない。そんな気持ちになって精神的に参っていたため、神社に参って厄除けをしてもらうことにしたのだ。

2017年になってから、2度もインフルエンザにかかり、仕事では怒られ続け、同僚には嫌われる。そんな最悪の状況から脱出するにはもう神頼みしかなかった。

神明宮は厄除けで有名らしく、日本で唯一、八難除けというのをやっているらしかった。あらゆる災難から身を守ってくれるらしい。

受付

受付で祈祷を頼んだ。一番安いコースでお布施は3,000円だ。

八難除けのサービスの中には、88種のご利益の中からひとつ選べるようだった。ハッピーセットで好きなおもちゃを選べる感覚だと思ってくれれば想像しやすいだろうか。後ろに人が並んでいてゆっくり決められなかったのと、今年こそは彼女ができたらいいなと思ったので良縁祈願にした。巫女さんに言うときはさすがに恥ずかしかった。77番でお願いしますと番号で伝えたが、復唱された。空気を読んでくれ。

祈祷の説明を受けていると、4ヶ月毎、年に3回参り、それを3年続けるとご利益がパワーアップする「九重参り」というシステムがあるらしかった。長期の契約者を優遇するシステムだろうか。新規顧客ばかり優遇する主要携帯会社にも見習ってほしいものだ。

待合室

待合室に通されると、両手を水で清めて白い衣のようなものを羽織らされた。儀式には必要なものらしい。あと、待合室のドアが自動ドアで趣も糞もねえなと思った。

祈祷

時間が来るとそれっぽい部屋に通されそれっぽい祈祷が始まった。神官っぽいひとがなにかむにゃむにゃ読み上げて大幣(白いフサフサしたやつ)を振ってた。

その後、大神官っぽい人が入ってきて、祈祷に来た人たちの名前と住所を読み上げた。願いに関しては読み上げられなかったので、良縁祈願のことは言われなくてほっとした。イギリスからわざわざ来た人がいたのか、クイーンストリートだかって住所が読み上げられたときは少し驚いた。

そして、一旦油断させておいて、その後に願いをバッチリ読み上げられた。厄除けの神社なので、良縁祈願などと書いてる人は他におらず、恥ずかしい思いをすることとなった。そんな仕打ちアリかよ……厄除けにきたのにさっそく災難だったんだが……

そのあとは、祈祷に来た人たち全員で祭壇(?)に向かって2礼2拍手1礼をして終わり。帰り際に、御札のセットとかお神酒をもらった。ちなみに、御札にもでっかく「良縁祈願」と書かれていた。

厄除けが終わって

「良縁祈願」という恥ずかしい願い事を暴露されたが、3,000円で厄も払ってもらい、買えば1,000円以上しそうな御札や日本酒(お神酒)がもらえるなんて、結構お得かもしれないと思った。お布施が多ければ、それに応じてもらえるものも増えていくらしい。

というわけで、最近なにか不運が続くなあと思っている人はぜひ試してみるのもいいんじゃないだろうか。

二度と「良縁祈願」なんてしない。

隣人のヒステリーをどうにかしたい

発端

僕は毎朝8時40分ごろ(ギリギリ仕事に間に合う時間)に起きるのだが、最近は必ず朝の7時頃に一旦目が覚めてしまうようになった。隣人が活動を開始するためである。

引越してから今まで、ずっと隣の部屋は空き部屋だったので今までは静かに過ごせていたのだが、年が明けてから入居者が入ったようだった。

そして、現在僕が暮らしているアパートは壁が薄く、隣の部屋の生活音がほぼ全て聞こえてくるのだ。(実はこの物件、楽器可という条件だったのだが、防音設備がしっかりしているわけではなく、みんなが我慢しているということなのだろう)

自分はあまり騒音とかは気にしない方だと思っていたのだが、隣人の生活音が筒抜けというのは思った以上にストレスがあった。隣人が水を使ってるのも音でわかるし、隣人の会話の内容すら聞き取れてしまう。相手にも同様に自分の生活音が聞こえてしまうだろうから、下手に部屋で声を出したりできない。

隣人の会話内容から察するに、おそらくシングルマザーと子供が2人(幼稚園~小学校低学年ぐらいの男の子、女の子)と推定している。そして、しょっちゅう母親がヒステリーを起こし、子供にブチギレている。

「なんでここにゴミを捨てないの!」

「なんで当たり前のことができないの!?」

「ご飯抜きだよ!?」

「全然見本と違うじゃないの!漢字書き直して!」

などといった具合だ。

そこまで怒ることはないのではないかと思うが、ひとりで2人の子供を育てるというのは相当なエネルギーを使うのかもしれない。幸いにもビンタをしたりといった、DVめいた音は今のところは聞こえてきていない。

しかし、迷惑なことは迷惑である。壁が薄い住宅が根本の原因ではあるが、僕にも生活があり、今までのような平穏な日々を送りたい。どうにかして隣人のヒステリーを止めなければならない。

解決手段

壁ドン

最初は壁ドンすることを思いついた。最近よく使われている女性をドキッとさせる方ではない。そっちの方法は僕のようなしょうもない青年崩れが怒り狂った隣人に仕掛けたところで、火に油を注ぎに行くようなものである。僕も漢字の間違いを指摘されて怒られるのは避けたい。ここでいう壁ドンは、ネットで使われ始めたときに使われていた、壁を殴って威嚇する方法である。

隣人とは壁を隔てているので、直接顔をあわせることもない。向こうのやりとりが聞こえていることが伝えられ、迷惑を被っているというこっちの怒りまで伝えられる良い方法だ。

しかし、今後部屋を出たときに隣人と顔を合わせることもあるだろう。かなり気まずくなるのは間違いない。

それに、隣の部屋には子供がいる。母親も恐れ、隣人にも怯えるという生活はかわいそうだと思う。

アダルトビデオを流す

怒っているときに、アダルトビデオを流してみてはどうだろうと考えた。隣の部屋から嬌声が聞こえてきたら怒っている場合ではなくなるのではないか。

しかし、隣人が特に子供を叱りつけるのは朝の7時~9時頃である。そんな朝っぱらから何してんだと思われないだろうか。

しかも、毎回同じ動画を流していると、「あ、これ動画だ。隣人はモテない独り身のおっさんだ」と思われるのではないだろうか。

違う動画に変えたら変えたで、「また別の女を連れ込んでる。とんだスケコマシ野郎だ」と思われるに違いない。

やはりこの方法も良くなさそうだ。どうしても隣人と気まずくなってしまう。しかし方向性は良かった。

そして、僕は最適解を思いついたのだった。

マツケンサンバを流す

軽快なイントロに否が応にも隣人のテンションは高まっていく
さっきまでは怯えていた子どもたちにも次第に笑みがこぼれる

オーレオレ マツケンサンバ
オーレオレ マツケンサンバ

サビが始まった頃には隣人の怒りもすっかり収まっていた
子どもたちは無邪気に踊っている

かつてMr.Childrenが歌っていた “世界中を幸せにするようなメロディー
こんな身近なところにあったのだ

サンバ ビバ サンバ
マ・ツ・ケ・ン サンバ

サビが終わり、隣人の部屋と僕の部屋で大きな声が響いた。

オーレ!!

タイガーラジオ第3回「タイガーラジオ3回聴かざれば刮目して聴こ」

第3回です。自分のポンコツさには自分でも呆れます。


タイガーラジオ第3回「タイガーラジオ3回聴かざれば刮目して聴こ」

DLはこちら www.dropbox.com

タイガーラジオ第2回「トランプ大統領と今後のアメリカ経済の発展について」

ぐだぐだの第2回です。タイトルとは全く関係ない会話ばかりです。


タイガーラジオ第2回「トランプ大統領と今後のアメリカ経済の発展について」

DLはこちら www.dropbox.com